低用量ピルを服用して太りたい。副作用はある?

『低用量ピルを飲むと太る』って言われていますよね。なので、太りたい女性の中にはピルを服用して太りたいと考えている人もいます。

本当に低用量ピルを飲むと太ることができるのか、副作用はあるのか、処方はしてもらえるのか?など、ピルで太りたいと思った時の疑問を調べてみました。

ピルを飲むと太るって本当?

よく『ピルを飲みだしたら太った』って意見を聞いたことがあると思います。

経口避妊薬や月経周期を正常化するためやPMSの緩和、ニキビ治療の一環として処方されるピル。どんな薬にも副作用の可能性がありますが、ピルの副作用で「太る」って本当なんでしょうか?

ピルを飲み始めると太ると言われている理由

ピルには女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」が含まれています。

エストロゲンには皮下脂肪をつきやすくして、丸みを帯びたふっくらとしたスタイルに近づける働き、プロゲステロンには食欲増進や水分を体内にため込むという働きがあります。と、いうことはピルを飲むと太るってことかな?と思いがちですが

実はピル飲むと太るということは40年以上前の認識で、現在低用量ピルは副作用を減らすため配合されているホルモンの量は最低限に抑えられているので、影響はあまりないと考えられます。

日本のピルに関するガイドラインでもピルと太ることの関係は否定的です

『ちなみに巷でよく言われる,OC服用による体重増加の根拠はない』 低用量経口避妊薬の使用に関する ガイドライン

『OC 服用と体重増加との間に因果関係はない』 低用量経口避妊薬 – 日本産科婦人科学会

本当に低用量ピルで太らないの?

学会やガイドラインではピルで太ることの因果関係は否定されていますが、「ピルを飲み始めて太った」という話もよく聞きます。

ピルで太ったと感じた人の場合、副作用を抑えるために配合されているホルモンの量が最低限ですが、ピルの副作用でむくみが出たり、食欲がわいて食べる量が増えて食べ過ぎてしまって太ったと感じた可能性があります。

食が細くて太れない女性にとっては飲むだけで食欲増進できて、太れるかも!?と思いますよね?

この食欲増進の副作用が必ず出るものではありません。低用量ピルの種類や個人差によってあらわれる副作用に違いがあります。

ピルの副作用

低用量ピルにも個人差はありますが、副作用があります。

マイナートラブル
 軽い吐き気・頭痛・乳房の張り・不正出血など
重篤な副作用・合併症
 静脈血栓塞栓症・脳梗塞・心筋梗塞(喫煙者では更に危険性高まる)

「太りたい」が理由でピルは処方してもらえる?

「太りたい」という理由でピルが処方してもらえるかどうかについては処方されるとは考えにくいです。

理由は、上記してあるように低用量ピルの副作用で太るということはほぼないからです。つまり、服用する理由がないということですよね?

まとめ

ピルを服用して太りたいということについて説明しましたが、基本的にピルは経口避妊薬や月経周期を正常化するためやPMSの緩和、ニキビ治療の一環として処方される薬です。

太る人もいるかもしれませんが、ピルと太ることの関係については医学的には否定されています。また、副作用のリスクもあるので、ピルの副作用で太る方法は避けた方がいいと思います。

↓ ↓ 健康的に女性らしくふっくらできる方法を知りたい方はクリック ↓ ↓