【太る飲み物】太りたいならコーヒーは効果的に飲もう!

コーヒーって、何気にいつも近くにある飲み物ですよね?

自動販売機やコンビニ、スーパー、食事をする場所や仕事場でもコーヒーはいつでも手の届く範囲にあるから、ついつい飲み過ぎちゃうって人も少なくないと思います。

…実際私自身もついつい気が付いたらコーヒーを飲んでいるってことが多くあります。

でも太りたい女子にとってコーヒーって太る飲み物として効果あるのか、身体に良いのかどうか気になりませんか?

コーヒーは太る飲み物なのか?徹底調査してみた

コーヒーは太るための飲み物として最適か?というと、コーヒー自体に栄養素やカロリーが豊富に含まれている…という訳ではないですし、何より好き嫌いや体質に合うかどうかという問題もあるので、個人的には太りたい女子は絶対に飲んだ方が良いよ!!と言える飲み物ではありません。

でも、コーヒーの胃液の分泌を促進する・代謝向上などの働きは太るために効果的だと言えます。

コーヒーは太る効果あり?

太りたくても太れない女子が太る飲み物としてコーヒーを飲むと効果があるという理由は

  • 消化を促進する働きをする
  • 代謝を促進する働きをする

この2つの働きにあります。

コーヒーの働きで太る方法:消化促進

コーヒーに入っている成分ではカフェインが有名ですね。他にも注目したい成分としてはポリフェノールの一種のクロロゲン酸が含まれています。

このカフェインとクロロゲン酸が胃粘膜を刺激して、胃液の分泌を促し、食べた物の消化のサポートをする働きをしているそうです。

 

ひつじハート

…っということは、食後コーヒーは食べた物の消化に効果的ってことじゃないですか!これからもランチ後にはコーヒーを頼もうと思いました。

コーヒーの働きで太る方法:代謝促進

代謝促進というと、痩せるんじゃないの?と思いそうですが、代謝促進 = 痩せるということだけではありません!

 

代謝促進されると食欲アップや胃腸の働きが活発になったり、消化吸収率をアップしやすくなるといった太るために効果的な作用もあるんです。

この太るために嬉しい代謝促進してくれるのがコーヒーに含まれているカフェイン!交感神経を刺激して、代謝や血行を促してくれます。

ただし、カフェインを摂り過ぎには注意!

太りたいならコーヒーを飲むタイミングに気をつけて

コーヒーは太るためにおすすめの飲み物のひとつではありますが、いつでも「コーヒーを飲めば太る」という訳ではありません。

実はコーヒーの胃液の分泌を促進する働きがあるため、胃が空っぽの状態で飲むと胃粘膜が荒れたり、胃もたれの原因になってしまうからです。

 

太りたいのに太れない瘦せすぎ女子は胃腸が弱い傾向にあるので、コーヒーを飲む時はタイミングは注意が必要です!

コーヒーを飲むタイミングは、胃の中に食べ物が入っている状態の時がおすすめ。

逆に食事の前やお腹が空いている、胃が空っぽの状態の時のコーヒーNG!太りたいのに逆効果になってしまう可能性が高いので避けてくださいね!

太りたい女子はミルク入りコーヒーを飲もう

胃腸が弱い傾向ある太りたい女子がコーヒーを飲む時にはブラックコーヒーよりもミルクを入れたコーヒーがおすすめです。

ミルクには胃を保護する働きがあるので、コーヒーから受ける胃への刺激を和らげてくれて消化促進の働きが期待できます。

 

ちなみに、喫茶店でコーヒーと一緒に出てくるコーヒーフレッシュ(小さなカップにはいったミルクっぽいもの)はミルクではなく、主成分が植物油の製品なので胃液の保護は期待できません。

 

ひつじハート

太りたいけど太れない痩せすぎ女子は胃腸が弱い傾向にあります。なので、胃が弱いという人は無理にコーヒーを飲んで胃を痛めてしまうかもしれないので、控えた方が良いと思います。他にも太るためにおすすめの飲み物があるのでコーヒーにこだわらなくても大丈夫ですよ!

 

胃が弱い女子には牛乳や豆乳など栄養価も高い太るためにおすすめの飲み物をおすすめします。さらに効果をアップしたい場合には太る専用のプロテインを混ぜると良いですよ!

関連記事:太りたい瘦せすぎ女子にオススメ健康的に太る飲み物はこれ!牛乳やコーラは太るの?

まとめ

コーヒーは消化促進・代謝促進の働きが期待できるので太るために有効な飲み物だと思いますが、胃が空っぽの状態や胃の弱い人だと胃の粘膜を傷つけて逆効果になってしまう可能があるので注意が必要です。

太りたい女子が飲む時はタイミングを見計らってミルク入りのコーヒーがおすすめです。