バナナで簡単に太れる方法!体重が増える理由と食べるタイミング

太るための食べ物としてバナナは有名!
でも、どうしてバナナが太るためにおすすめなのかというと
カロリーが高いというだけではなく、ちゃんとした理由があるんですよ!

痩せすぎの体型を改善するためにバナナを食べてみませんか?

太るためにバナナがおすすめな3つの理由

太る食べ物には必ず入っているバナナ!
カロリーが高いのは有名でダイエット中には食べない方が良いとされていますよね。

でも、バナナが太るためにおすすめな理由は他にもあるんですよ!

太るためにバナナがおすすめな理由:栄養が豊富

バナナ1本(100g)エネルギー:約86kcal
たんぱく質:1.1g
脂質:0.2g
炭水化物:22.5g
糖質:21.4g
食物繊維総量:1.1g
カリウム:360mg
カルシウム:6mg
鉄:0.3mg
亜鉛:0.2mg
葉酸:26mg
ビタミンB1:0.05g
ビタミンB2:0.04g
ビタミンB6:0.38g
ナイアシン:0.7g
ビタミンC:16mg
ビタミンE:0.5g
トリプトファン:10mg

 

このようにバナナにはビタミンやミネラルなどたくさんの栄養が含まれています。
特に注目したいのが糖質やビタミンB6とトリプトファンです。

バナナにはデンプン・ブドウ糖・果糖・ショ糖と
1本に様々な糖質が含まれていて効率的に太るために糖質を摂ることができます

更にトリプトファンとビタミンB6が結びついて「しあわせホルモン」とも呼ばれていて心を落ち着けたり、安眠効果もある脳内ホルモンセロトニンが作られます

バナナに含まれるトリプトファンはそれ程多い量ではありませんが
ビタミンB6は他の果物よりもダントツに多く含まれているので
なかなか太らずに焦っている女性や忙しくてストレスを抱えている女性には特におすすめです。

太るためにバナナがおすすめな理由:消化吸収にいい!!

太るために22時以降に食べると脂肪に変わりやすいと言われているから
寝る前におやつや軽食を…と思っても
寝る前に食べると胃もたれを起こしたりと胃腸に負担をかける可能性が高いですよね?

もし寝る前にお肉や野菜を食べると胃腸が消化吸収のために活発に動くので安眠ができずに寝不足になってしまう可能性があります。

ひつじ汗

特に痩せすぎの体型の女性は胃腸が弱いことが多いので無理はできません!

でも、バナナは消化吸収にいい食べ物なので寝る前に食べたとしても
胃腸の負担をかけないので睡眠不足になることもありません。

それどころか、セロトニンを作ることができるので
睡眠の質を良くしてくれます。

太るためにバナナがおすすめな理由:値段が安く手軽だから続けられる

いくら太るために効果的な食べ物だったとしても
値段が高かったり、食べるのに手間がかかったり、季節によって売っていないと
継続して食べることはできません。

バナナはどうでしょうか?

バナナひと房100円前後の値段で
近所のスーパーで1年中売られていますよね?
それに食べるのも手に取って皮をむいてパクパクっと食べられます。

バナナは安く1年中手軽に食べられるので太るために続けられます。

太るためにバナナを食べるおすすめのタイミングと組み合わせ

太るためにおすすめのバナナを食べる時間は寝る前です。

バナナは消化吸収にいい食べ物なので胃腸への負担も少なく、
セロトニンのおかげで睡眠の質もアップします。

それに寝ている間の消費カロリーはほとんどないので
バナナのカロリーがほとんど吸収されて取り込まれます。

朝ごはんやランチに食べるのも良いですが
太るために食べるベストタイミングは寝る前です。

バナナと合わせると相性のいいのは牛乳!

牛乳100㎎にトリプトファンが42㎎含まれているので
セロトニンアップにかなりおすすめ!

寝る前にバナナを食べて、牛乳を飲むのは多いと感じる場合には
バナナジュース(バナナスムージー)を作って飲むのもおすすめです。

バナナを寝る前に食べると3カ月で1kg増?

寝る前にバナナを1本食べ続けると
手軽に普段よりも約86Kcal多く摂取することができます。

単純計算ですが、カロリー計算をすると
3カ月で1kg太ることができる計算になります!!!

胃腸が弱い痩せすぎの女性にもかなりおすすめの太る方法です。