太りたいのに体脂肪が少ないガリガリで痩せすぎ体型女性の健康に深刻なリスクが…

世間では痩せている方が健康に良いと言われていますが
実は、体脂肪が低く痩せた体型の人の方が健康リスクが高く
さらに男性よりも女性の方が健康上に及ぼす影響が深刻なんです…。

ダイエットで目の敵にされがちな体脂肪には女性ホルモン「エストロゲン」と深い関係があるんです。

ハードなダイエットをして体脂肪を激減させたら生理が止まってしまったという話を聞いたことはありませんか?
実は卵巣で主に作られている女性ホルモンが脂肪細胞からも女性ホルモンが作られていたり、
脂肪細胞は他にも様々なものを分泌しているそうです。

なので、体脂肪が低いとホルモンバランスの乱れが引き起こされて健康に悪影響を及ぼしてしまうことが分かりました。

では、私たちのように体脂肪が少なくガリガリの痩せ体質の女性にどんな悪影響があらわれるんでしょうか?

体脂肪が少ない痩せすぎ体型女性の健康リスク

他の人と比べて力が弱かったり、ちょっと運動しただけですぐに疲れちゃったり、風邪をひきやすかったり流行に敏感じゃないのに流行している病気にかかりやすい…なんてことはありませんか?

その理由は痩せすぎ体型にあります…。

でも、女性にとって深刻な痩せすぎ体型の問題点は『女性ホルモンの分泌が減ってしまう』ということです。

体脂肪がある女性と比べると痩せすぎ体型で体脂肪が少ない女性は
体脂肪からの女性ホルモンの分泌が少なくなり
ホルモンバランスを乱しやすくなってしまいます。

女性の薄毛と体脂肪の関係

いっけんすると何の関係ももない女性の薄毛と体脂肪ですが、実は密接な関係にあります。

摂取したカロリーは生命維持で優先順位の高い順に使われていきます。
そのため、女性にとっては重要問題ですが、美容関係はかなり後回しになってしまいます。

私たちのように痩せすぎ体型の場合、摂取カロリーがあまり多くありません。
(多ければ体脂肪に変わってくれるのですが…)
そのため、摂取カロリーは生命維持のためにメインで使われてしまい
特に生命維持に関係のない髪にまわる栄養が後回しになって栄養不足になってしまうこともあります。

当然栄養が足りないと髪の質もガサガサと悪くなってしまいますし、
抜け毛が増えてしまい、薄毛にも…。

栄養面だけじゃなく、痩せすぎ体型のの場合には体脂肪が少なく、
女性ホルモンが少なくなってしまうことも抜け毛を増やし薄毛になってしまう可能性が高くなります。

痩せすぎ体型の女性は生理トラブル・不妊のリスクが高い

体脂肪が少なく痩せすぎ体型の女性の場合、生理不順や無月経などの生理トラブルになってしまうことも少なくありません。

また、近年深刻な問題になっているのが不妊です。

女性の体脂肪率は20~25%が理想的とされています。
15%以下の体脂肪の痩せすぎ体型の女性の妊娠は確率が非常に低くなり
10%以下の体脂肪の痩せすぎ体型の女性の妊娠は困難になると言われています。

さらには痩せすぎ体型(BMI18.5以下)の女性は低出生体重児のリスクが高くなってしまいます

更年期と痩せすぎ

年齢を重ねるとやってくる更年期!!
現在更年期真っただ中の女性はもちろんのこと
若い女性だって更年期は他人事ではありませんよね?

40歳過ぎぐらいから卵巣の働きが衰えてきます。
そのため、女性ホルモンのエストロゲンが急激に減ってしまいホルモンバランスが乱れ自律神経の乱れにつながり、身体に様々な不調(ほてり・のぼせ・冷えなど)が出てきます

この時卵巣から作られなくなった女性ホルモン(エストロゲン)を脂肪が代わりに作ってくれるそうですが
体脂肪が少ないと女性ホルモンは体脂肪がある女性と比べると少なくなってしまいますよね?

更年期を健康に乗り切るには体脂肪もある程度は必要だと思います。

痩せすぎ体型の女性が健康に暮らすには脂肪が必要

痩せすぎの体型は健康面からもあまり良いとは言えないようです。
若いから女性ホルモンなんてバンバン出ている!と思っていましたが
実は早い人だと20代後半から卵巣で作られる女性ホルモンの分泌が少なくなっているそうです。
少なくなっていく女性ホルモンをカバーするのが体脂肪なんです。

健康にイキイキと暮らしていくためには痩せすぎの体型よりも
ある程度女性らしい脂肪で丸みのある体型の方が良いと思います。

無理をせずに少しずつでも脂肪を付けて健康的に太りたいですね!!