痩せて華奢な女子にぴったりな浴衣の柄と色選び【保存版】

浴衣や着物は少しふっくらしている方が似合うと言われていますが、痩せて華奢な女子には浴衣や着物は似合わないかというとそうではありません。細身の体型をカバーできて自分に合った浴衣や着物を選ぶととっても素敵に浴衣を着こなせます!

今回は痩せすぎて華奢な私たちの体型をカバーできて自分でも納得できる褒められ浴衣の柄や色にはどれが似合うのか紹介します。

浴衣を買う時はどっちを選ぶ?

浴衣を買う時は一般的には既製品(すでに縫いあがっているもの)のを買うことが多いと思いますが他にも既製品以外にも浴衣の生地を購入して自分のサイズに合わせてオーダーメイドで仕立ててもらう方法があります。

既製品の浴衣はお店やネット通販で気軽に買えて、値段もお手頃価格なものが多いのですが、痩せすぎている場合には大きすぎる場合もあります。一方オーダーメイドで浴衣を仕立てる場合には、浴衣を仕立ててくれる人を探したり、価格も既製品より高価になりますが、自分の体型にピッタリ合う浴衣を塗ってもらうことができます。

既製品の浴衣も着付けをしっかりすることでサイズをカバーすることもできるの安心してくださいね。

こちらもどうぞ痩せていて細い女子も浴衣の着付け・補正のコツを抑えると大きすぎる浴衣もキレイに着こなせる!

浴衣の柄で悩んだ場合には古典柄がおすすめ

どんな柄の浴衣にしようか…と悩んだ時におすすめしたのは古典柄です。

可愛い柄やゴージャスな柄などなど色々な浴衣の柄がありますが、実は男性ウケが一番いいのが紺地の古典柄。
昔からある紺地に白抜きの古典柄の浴衣を素敵に着こなすと普段のイメージとギャップを感じて好感をもたれやすい柄です。

しかも紺地に白抜きされた古典柄の浴衣はレトロモダンでどんな人にも似合う柄なので安心して選べる浴衣の柄でもあります。

暑い夏だし、白地の浴衣も素敵ですよね!
確かに花火大会や夏祭りは夜が本番で白地の浴衣は夜にはえて綺麗なのですが、汚れが目立ちやすく、一歩間違えれば寝間着に見えちゃう可能性が高いのでできれば白地は避けた方が無難だと思います。

紺色に白抜き古典柄がイチオシですが、クリーム色や水色、ピンクなど色んな色の生地に古典柄の浴衣もおしゃれで素敵だと思います!

細く華奢な女子におすすめの浴衣の柄と色

細くて華奢な女子といっても、身長によっても選ぶ色や柄のおすすめがあるので身長別でおすすめの浴衣の柄や色を紹介します。

痩せ型・華奢な女子の浴衣選びの基本

痩せ型・華奢な女子の浴衣選びの基本は、はっきりとした濃い目の色の生地よりは膨張色でもある淡い色(暖色系がおすすめ)の浴衣にすると優しくて柔らかい印象になるのでおすすめ!
浴衣の柄は縞などのシンプルな柄は余計に痩せて見えるので避けて、視線を分散できる浴衣全体的に柄が散りばめられているタイプの方が華やかになるのでおすすめです。ボリュームアップを狙う場合には、大きめの柄や華やかな色の浴衣や絞りなどがおすすめです。

身長が低くて細くて華奢な小柄な女子向け

身長が低く華奢な小柄女子は浴衣を着ても貧弱に見えたり、子供っぽく見られたりすることが悩みの種という女子も少なくありません。

貧弱に見られたり、子供っぽく見られることを改善する浴衣の柄や色は浴衣全体的に中ぐらいの大きさの柄が散りばめられているクリーム色や淡い色など膨張色の浴衣がおすすめです。

身長を高く見せたい場合には、浴衣の色と帯の色を同系色にすることで縦のラインの印象付けられるのでおすすめです。

身長が高くて細くて華奢な女子向け

身長が高くて細く華奢な女子はヒョロヒョロとした印象をもたれやすく、そのせいで身長の高さが目立ってしまい気にしがちですが、実はこのタイプの女子の浴衣姿は粋な印象をもたれやすいんです。

キリッと粋な印象よりも柔らかい印象をもたれたい!という場合には、大きめの柄で暖色系の色の生地の浴衣にすると柔らかい印象になるのでおすすめです。他にも浴衣の帯や小物に目線を向かせるためにあえて浴衣は淡い色の生地にして帯を濃い色でコーディネイトするものおすすめです。

注意:大きめではっきりとした柄を選ぶ時には浴衣を着た時に柄が脇に回り込んだり細身を強調してしまう場合もあるので、“ボカシ”があるタイプにしましょう。

まとめ

浴衣や着物は着付けの段階である程度体型を補正して体型カバーをすることができたり、小物でカバーする方法もあるので『この色・柄の浴衣が着たいけど無理だよね。。。』と諦めずに工夫をしてして気に入った浴衣を着て素敵な夏をすごしてください。