40代・50代以上の太りたい痩せすぎ女性でも太る方法はある!

若い頃から痩せすぎ体型で悩んできた40代・50代以上でも太りたい女性は少なくありません。

40代・50代になると一般的には太りやすくなってくるはず…と期待していたのに、全く太れずふと鏡に映った自分が貧相に見えて悲しくなってくるといった話を耳にすることもあります。

もともと食べてものが吸収されにくいために痩せすぎていることに加えて更年期などで自律神経が乱れ、更に体重が落ちてしまうという女性もいます。

どうしたら40代・50代女性が健康的に太ることができるのか紹介します。

40代・50代の女性が太れないのはどうして?

40代・50代で太りたくても太れない女性が痩せすぎている原因は体質で食べた物の栄養が吸収されにくいために脂肪がつかないということが考えられます。

それに加えて40代・50代頃の女性は更年期・更年期障害が原因で太れない可能性があります。

更年期は一般的に45~55歳頃の時期に起きることが多く、閉経を挟んだ前後5年(計10年)の時期があたります。

更年期と太れないことはどんな関係があるのかというと、更年期にはエストロゲンの分泌量が減り、卵巣の機能低下や身体の不調が起こりやすくなりますよね。

更に更年期は自律神経が乱れやすく、交感神経が優位になりやすくなります。私たちの胃腸の消化機能は副交感神経が優位の場合に活発に働いてくれるのですが、更年期の影響で交感神経が優位になっている場合には胃腸の消化機能が低下してしまいます。

そのために消化不良になったり、食欲がなくなったりなど太れない原因になってしまいます。

40代・50代の女性が健康的に太る方法は?

40代・50代の女性が健康的に太る方法としておすすめしたい方法は

  • 栄養バランスに気をつけて消化に良い食事
  • 摂取カロリーを増やす
  • 消化吸収率をアップさせる、食事法や生活習慣
  • 女性ホルモンの分泌量を増やす

この4つです。

太る方法を徹底サポート!
太る専用プロテイン“ドクターフトレマックス”公式サイト

栄養バランスに気をつけて消化に良い食事

太りたい人がやりがちな間違った食事として高カロリーのものばかり食べる方法があります。

確かに太るためにはカロリー摂取量を増やす必要がありますが、基本的に痩せすぎて太れない女性は食べた物の栄養を吸収する力が弱い傾向にあります。

そして、高カロリーの食事は脂っこいもの(脂質)が多く、一般的に脂質は特に消化吸収率が悪い栄養素なのでせっかく高カロリーの食事を食べていても、上手く消化吸収することがでずに、そのまま排泄されてしまっています。

40代・50代の太りたい女性におすすめしたい食事は胃腸への負担をかけない栄養バランスに気をつけた消化がいい食事です。

会話ひつじ教える

冷たい食べ物や飲み物、早食いなどは胃腸への負担になるので注意しましょう!

摂取カロリーを増やす

40代・50代の太りたい女性は摂取カロリーを増やす必要があります。

といっても、脂っこいものを食べたり、1回の食事で食べる量を増やすというわけでもありません。

まずは胃腸への負担をかけない食べ物や飲み物を1日3回しっかりと食べるようにして、間食(おやつ)を増やすことで摂取カロリーを増やす方法です。

1回の食事で食べる量を増やすよりも食べる回数を増やす方が実践しやすいですよ!

食物酵素を意識して摂る

太りたい女性がチェックしている食物酵素。食物酵素は胃腸への負担をかけずに消化酵素を補って食べた物の栄養を吸収するサポートしてくれます。

どんな食材に多く含まれているのか、注意点などは詳しく解説した記事があるのでそちらをご覧ください。

関連記事:太りたい人にはどんな酵素がいい?酵素を使って健康的に太ろう!

良質な睡眠をとるようにする

40代・50代の女性が太るためには良質な睡眠を心がける必要もあります。

更年期で自律神経が乱れがちな時期ですが、良質な睡眠にはイライラを解消したり、自律神経を整える働きもあるので、ぜひ睡眠にも注目してみてください。

自律神経を整えることで胃腸の消化機能がしっかりと働くようになり、太るための身体作りにつながります。

まとめ

上記のように40代・50代の女性でも太りたいという希望を諦めずに太る方法はあります。

太る方法で一番大切なことは“続ける”ことです。何十年も太れずに悩んできたからすぐにでも太りたいと思う気持ちがあるかもしれませんが、あまり急激に太ると病気になってしまう可能性もあるので、あなたのペースで健康的に太る、結果が出るまで諦めずにゆったりとした気持ちで取り組むことがおすすめです。

ドクター・フトレマックス