【太る方法】潰瘍性大腸炎・クローン病でも太りたい、体重を増やす方法

潰瘍性大腸炎・クローン病でも太りたいと思っている女性は少なくありません。

潰瘍性大腸炎・クローン病は下痢などに悩んたり、食事の量が少なくなったり比較的症状は軽くて、日常生活は問題なくても食生活が以前とは変わってしまい体重がみるみるうちに減ってしまい太れないなどの悩みは食生活の変化や消化吸収する力が弱くなってしまうためです。

潰瘍性大腸炎・クローン病の女性は太りにくいかもしれませんが、全く太れないというわけでもありません。

今回は潰瘍性大腸炎・クローン病の女性が無理をせずに太る方法について紹介しますが、実践する際には主治医の先生と相談した上で太るようにしてくださいね。

潰瘍性大腸炎・クローン病って?

潰瘍性大腸炎・クローン病は難病のひとつで、現在日本では潰瘍性大腸炎で約18万人、クローン病で約4万人潰瘍性大腸炎は日本女性は25~29歳まで、クローン病では15~19歳までの発症が多くみられます。

共通する症状:血便・粘血便・下痢・血性下痢など

潰瘍性大腸炎・クローン病の女性が太れない理由

潰瘍性大腸炎・クローン病になるとみるみるうちに体重が落ちて太れなくなるのはどうしてかというと

  • 食べる量が減るから
  • 食べた物を消化吸収する力が落ちるから
  • 下痢や出血などで栄養素が失われてしまうから
  • 熱や代謝の高まり、潰瘍部分の修復にエネルギーが使われるから

上記のことが原因で潰瘍性大腸炎・クローン病になると太れなくなってしまうとみられています。

でも、痩せすぎていると体力が落ちたり、風邪もひきやすくなってしまったり…それになによりも女性らしいふっくらとした丸みのあるスタイルになりたいと思いますよね。

潰瘍性大腸炎・クローン病でも太る方法はあるの?

潰瘍性大腸炎・クローン病でも太る方法があるなら知りたいと思いますよね?

潰瘍性大腸炎・クローン病でも太りたい女性が太るためにの基本は胃腸に優しい食事+太るプロテイン・サプリを活用する方法が手っ取り早く効果が期待できると思います。

潰瘍性大腸炎・クローン病でも太るための食事

潰瘍性大腸炎・クローン病の人が太るための食事は胃腸に優しい食事を回数多く食べることがおすすめです。

いくら太りたいからといっても食べる量を多くしてしまうと、下痢になってしまい、食べた物の栄養を吸収する腸の機能が低下して、消化吸収がキチンと行われない可能性が高くなります。

なので腸に負担をかけないようにしっかりと噛んで食べるようにして、食べる量は少なくても食事の回数を増やすことで食べる量を増やすようにしましょう。

また、食事は消化にいい食べ物を選ぶようにしてくださいね!

ひつじ汗

食事の注意点としては脂質は消化吸収に悪いので撮り過ぎないようにしましょう!
胃腸に負担をかけにくい脂質としてはココナッツオイルがおすすめです。
*ココナッツオイルは一般的な脂質と比べて消化吸収率が4~5倍もいい脂質です。

プロテインでタンパク質不足を補う

実は潰瘍性大腸炎・クローン病になった人のなかにはタンパク質不足を補うためや痩せた身体を元に戻すためにプロテインを利用する人は多くいます。

代表的なプロテインとしてホエイプロテイン・カゼインプロテイン・ソイプロテインがありますが私が潰瘍性大腸炎・クローン病の女性におすすめしたいプロテインはソイプロテインか太ることに特化したプロテイン“ドクターフトレマックス”です。

特に太ることに特化したプロテイン“ドクターフトレマックス”は市販のプロテインと比べて低分子化されたプロテインなので高い吸収率と太る栄養バランスに優れているので胃腸に負担をかけることなく太ることができます。

また、潰瘍性大腸炎・クローン病にとっては一般的なプロテインは飲む量が負担になってしまう事が多いのですが、ドクターフトレマックスは1杯たったの120mlと小さめのコップ1杯分だけなので負担になりませんよね?もちろん、食事だっていつも通りに食べられる量なので安心です。

公式サイトにドクターフトレマックス利用者のbefore・afterの写真もあるのでチェックしてみてくださいね。

*今なら公式サイトで購入すると30日間全額返金保証毎回4,120円の割引きになります。

⇒ 太るに特化したプロテイン“ドクターフトレマックス”公式サイト

まとめ

潰瘍性大腸炎・クローン病で太りたくても太れない女性が太るためには消化に良い食事を回数多く食べることが基本!

より効果的に太るためにおすすめなのがソイプロテインや太ることに特化したプロテイン“ドクターフトレマックス”で不足しがちなたんぱく質や栄養を補うことです。

そして、ストレスを溜めずに発散することも重要ポイントです。