【太る方法】痩せすぎ中学生女子・男子が健康的に体重を増やす

痩せすぎがコンプレックスな中学生男子・女子、またお子さんの痩せている体型が心配…など痩せすぎている中学生の体型をふっくらさせたいという思いがあると思います。

夏服になったら腕など痩せている身体が見えやすくなりますし、プールの授業が苦痛に感じている中学生男子・女子も少なくありません。

どうしたら痩せすぎの中学生男子・女子が健康的にふっくらと太ることができるのか徹底解説するので、ぜひ参考に毎日の生活に取り入れてみてください。

太りたい痩せすぎの中学生男子・女子が健康的に太る方法

少しでも早く太りたい痩せすぎがコンプレックスになっている中学生男子・女子、またはお子さんの体型を健康的にふっくらとさせたい方にとって重要ポイントがあります。

摂取カロリー>消費カロリー

当たり前のことを何言ってるんだ?と思うかもしれませんが、太るためには摂取カロリーが消費カロリーより多く摂ることは必須です!

中学生男子・女子が太れない理由

まず、中学生男子・女子が太れないのは基礎代謝が高く、摂取したカロリー以上にエネルギーの消費がされていることが考えられます。

会話ひつじ教える

基礎代謝とは…
生きていくために必要な身体の機能(心臓や内臓の活動や体温調整など)に使われる最低限のエネルギーです。

年代 男子  女子
 12-14歳  1550kcal  1350kcal
 15-17歳  1570kcal  1270kcal
 18-29歳  1520kcal  1180kcal
 30-49歳  1520kcal   1140kcal

年代別基礎代謝量(食事摂取基準2005年度版より)
この表を見ると中学生男子・女子の年齢の基礎代謝量は他の年齢の基礎代謝量よりも多くなっていますよね?特に女子は中学生の頃が一番基礎代謝量が多く、エネルギー消費がされやすい年ごろです。

でも、痩せすぎで太りたい中学生の男子・女子は食べていても、量が少なかったり、摂取カロリーが少ない場合があり、基礎代謝で使われるエネルギー(カロリー)に足りないために痩せている可能性があります。

特に普段から部活動や趣味などで体を動かしている中学生の場合には最低限の消費カロリーは上記の表の基礎代謝量よりも運動などで消費される分のエネルギー(カロリー)もプラスされるので食べる量や摂取カロリーを増やさないと太れないだけじゃなく、自然と痩せてしまうこともあります。

食べているのに全然太れないという場合の原因には遺伝や体質が大きく関係している可能性があります。

ひつじ汗

遺伝で痩せている場合には家族や親せきでガリガリに痩せている人が多く見られる傾向があります。

体質が原因の痩せすぎの中学生男子・女子は胃腸が弱いことが多く、胃もたれや食欲不振になりやすく、食べた物の栄養を吸収する力も弱い傾向にあります。

痩せすぎで太りたい中学生の男子・女子が太れない原因

  • 基礎代謝量が大きくエネルギー(カロリー)消費がされやすい
  • 食べる量・摂取カロリーが少ない
  • 体質で胃腸が弱く食べた物の栄養を吸収する力が弱い

ということが考えられます。

太りたい中学生の男子・女子におすすめの方法

痩せすぎで太りたい中学生の男子・女子は食事・睡眠を大事にすることで太ることができます。

太りたい中学生におすすめの食事

太る方法としてよく『お菓子や甘いものを食べてたら太る』『揚げ物を食べる』なんて言われていますが、お菓子や甘いもの、揚げ物ばかりの偏った食生活で太る方法は実は太れない人にはおすすめでないない方法です。特に身体が発達段階の中学生男子・女子には絶対に真似て欲しくない方法です。

健康的に太るためには栄養バランスが良く、栄養価の高い食事をすることが一番です!

お菓子や甘いもの、揚げ物に偏った食生活では胃腸が弱い太れない中学生の男子・女子にとって胃腸に負担がかかり過ぎ、太れない可能性が高く、不健康な食事はニキビや病気の原因になりかねません。また、太ったとしても不健康な太り方ではあとあと後悔することになるかもしれないので注意してください。(適量のお菓子や甘いもの、揚げ物は問題ありません)

痩せすぎで太りたい中学生の男子・女子は食べた物の栄養を効率的に消化・吸収して摂取カロリーを増やせる食べ物やメニューや消化をサポートする酵素を積極的摂ることがおすすめです。

おすすめの食べ物・料理

食べ物 ご飯・パン・麺類・ジャガイモ・サツマイモ・レンコン・玉ねぎなど
料 理 鍋料理・煮込み料理・和食など
酵素がとれる食べ物 キムチ・納豆・味噌・キウイ・パイナップルなど

酵素は熱に弱いので加熱調理をせずに食べることがおすすめですが、なかなか酵素を摂るのが難しい場合には、サプリで酵素を摂取することも可能です。

摂取カロリーを増やすためには食べる物だけじゃなく、量も重要です。

でも、なかなか食べる量って増やせませんよね?無理して1回の食事でたくさん食べても胃腸に負担をかけてしまうことになりがちです。

なので、食事の回数・間食を増やすことで摂取カロリーを増やしましょう!1日3食しっかりと食べる以外におやつなど間食を2~3回増やすだけでも摂取カロリーを増やせますよ

中学生にありがちなのが、朝食を抜くこと。実は私も中学時代には朝食は食べない派だったのですが…1回食事を抜くとそれだけ摂取カロリーに大きな違いが出てきます。もし、朝食を食べていない場合には朝食をとる習慣からつけることをおすすめします!

太りたい中学生は睡眠を大事にしよう!

中学生は成長期ですよね?身体をしっかりと成長させるためにも睡眠は大事ですが、太るためにも睡眠をしっかりととることが重要になってきます。

寝ている間には身体の成長を促す成長ホルモンが分泌されていて、このホルモンは身長を伸ばしたり身体の発育や美容面(ニキビや肌荒れ、髪の毛など)にとっても重要なホルモンです。

成長ホルモンが分泌される時間帯は眠り始めから3時間くらいの深い眠り(ノンレム睡眠)の時に最も多くなります。この時間帯に睡眠が浅いと十分な成長ホルモンが分泌されません!

成長ホルモンが十分に分泌されるためには、睡眠の質を上げることがポイントになります

  • 寝る直前にテレビやスマホなどの画面を見ない
  • 夕食やおやつは寝る2時間前まで
  • 寝る1時間前くらいにゆっくりと湯船につかって入浴する

上記の3つは睡眠の質をあげるためにおすすめですよ。

また、睡眠中には胃腸をしっかりと休めることで胃腸を健康にして太る環境を整えることができます。なので、胃腸を休めて睡眠の質を高めるためにも寝る2時間前には食事やおやつは終わらせておきましょう。

まとめ

痩せすぎで太りたい中学生男子・女子は今が一番基礎代謝量が大きく、消費カロリーが多くなりますが、食べる量が少なかったり、食べた物の栄養を消化吸収する力が弱く摂取カロリーが少ないことが太れない原因の可能性が高いです。

中学生男子・女子が健康的に太るためには食事や睡眠を重視して、栄養バランスが良く栄養価の高い食事や上質な睡眠をとるようにしましょう!また、消化をサポートするために食物酵素を含む食べ物もおすすめ。

↓ ↓ 私が健康的に太った方法を知りたい方はクリック ↓ ↓